1. HOME
  2. ブログ
  3. 第5弾は「芸術×食べ物」のイベント!

第5弾は「芸術×食べ物」のイベント!

開催日:2018年10月27日(土)12:00~15:00
会場:長久手中央2号公園

第5回は、秋にちなんで「芸術×食べ物」のイベントを開催!オープンカフェにいる気持ちで、長久手の食と文化を楽しんでもらいました。また、新しい施設を実際に体感してもらうため、2階連絡通路にパネルと模型を設置。敷地を遠く眺めながら、建った後の未来予想図を参加者と一緒に想像しました。

<芸術>

文化の家創造スタッフの了徳寺佳祐氏が全体をプロデュース。音楽系8人、美術系4人によるゲリラかつ同時多発パフォーマンス。新しい芸術との出会いを楽しむことを目的としています。

<食べ物>

“長久手コレクション”として、「雑人」3号で紹介された長久手市内のあんぱんを限定30個ずつ販売!

長久手を「アートする」!?

長久手市地域ブランディング「アートする」が同時開催!会場で、SNSによる写真投稿キャンペーンをご案内させていただきました。
また、シェアバイクの試乗体験も一緒に実施しました。

リニモテラスを「俯瞰」してみよう!

リニモ「長久手古戦場」駅とイオンモールをつなぐデッキの上で、模型を見ながら敷地に建つ姿を想像しました。
また、参加してくださった皆さんから意見をいただきました。

古戦場の緑を大切にして、調和するようなかたちで建物が建つなら素晴らしい。緑が多く感じられるといい。(50代女性)

出張コーヒーなどできるといい。場の良さを決めるときに、いいコーヒーが飲める場というのは大切。出店前にチャレンジができたりするというアイデアはとてもいい。(40代男性)

コメダでよくお茶をする。コメダから眺める古戦場公園の景色が好きなので、周辺の環境のことも考えた建物であってほしい。(40代女性)

イオンに隣接しているからどんな商業施設ができるのだろうと思っていた。日常的にふらっと立ち寄りやすい施設がいいと思う。(50代女性)

ツリーハウスのような建物のデザインはシンボルになってこの場所にふさわしい。小屋や緑が増殖していく感じもいい。(30代男性)

 
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事